健康の知恵袋, 新着情報

免疫系を操る腸内微生物

免疫系は感染菌が人体に侵入すると

その菌をやっつけるために

免疫細胞その他の分子が動員され攻撃する、

例えばサルモネラ菌が付着した生焼けの鶏肉を食べたとすると

この病原菌は消化器系に移動し

腸内の内表面を覆う細胞内に侵入します

すると、これらの細胞はサイトカンと呼ばれる分子を大量に生産します

サイトカンは遭難信号SOSを帯びた分子として人体の免疫系に送られます

免疫細胞は援助要請に応え、現場に急行し敵細菌と対峙します

最終的にB細胞と細胞が他のより特化した免疫細胞と協力して体内から追い出すのです

この時、宿主は体内で小競り合いが起きているため

発熱と痛みを感じトイレに頻繁に通う

侵入者への攻撃が免疫系の一番重要な仕事なのです

免疫系を強化すれば被害を最小限に抑え勝利するのです!

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/cyounoukagaku

2019-04-01 | Posted in 健康の知恵袋, 新着情報No Comments » 
Comment





Comment