健康の知恵袋, 新着情報

有用菌を与えれば重症の疾患も防げる

そもそも未熟児は月満ちて生まれた新生児と違うマイクロバイオータを持ち

この子達のマイクロバイオータは細菌の多様性が低いのです

しかも健康な未熟児と比べて

壊死性腸炎にかかる未熟児は細菌の種類が少ないうえに有害な菌をより多く保有しています

これらの未熟児の通常と異なるマイクロバイオータは

実際に壊死性腸炎の症状が現れる三週間前にそれがわかります

マイクロバイオータの多様性の低下と理想的とは言えない菌種の繫殖が壊死性腸炎の原因か

もしそうであれば、有用菌を補えば未熟児の重症の疾患にかかるのを防げることができる

2019-03-25 | Posted in 健康の知恵袋, 新着情報No Comments » 
Comment





Comment